'; ?> アコムの即日キャッシングはどう?

アコム

アコムにブラックリストはホントにあるのか?

アコムが加盟する信用情報機関は鞄本信用情報機構と潟Vー・アイ・シーです。

 

鞄本信用情報機構は消費者金融会社が共同で設立した信用情報機関で、潟Vー・アイ・シーは日本割賦協会・日本信用情報センター・全国信販協会の信用情報機関を一本化して設立した信用情報機関です。

 

つまり、アコムは主力の無担保カードローンの他に、クレジットカード付きのACマスターカードを発行していますから鞄本信用情報機構と潟Vー・アイ・シーに加盟している訳です。

 

銀行や信販会社や消費者金融会社に利用者のブラックリストが有るとよく言われますが、実際にはその様なリストが本当に存在する訳ではありません。

 

しかし、延滞が続いたり金融事故になった場合に銀行界や貸金業界では俗にブラックリスト入りと呼んでいます。

 

正確に言うと信用情報機関に記録されるブラックリスト情報とは、延滞と金融事故に分けられます。

 

つまり、カードローンの返済日やクレジットカードの利用代金引き落とし日に、手違いによる金額不足で引き落としができなかった場合は、数日以内に再び引き落とされますから延滞にはなりません。

 

業者によって違いますが、一般的には返済日から数日〜2週間程度入金が遅れた場合は延滞として個人信用情報機関に記録されます。

 

そして、延滞の状態が61日以上続くと事故扱いになり、その状態を業界では俗にブラックリスト入りと呼んでいます。

 

従って、アコムの場合ではその様な延滞情報や金融事故情報は、鞄本信用情報機構と潟Vー・アイ・シーに記録され最低5年間は解除されません。

 

アコムは低金利で消費者金融の老舗で知名度もあり、何よりもクレカ審査のお助けカードアコムマスターカードもあるので人気のカードローンとなっています。

 
 
私は消費者金融を利用したことが全くありませんでした。消費者金融はかなり金利が高く、どんどん利息が膨れ上がっていくというイメージがあったからです。先日急にまとまったお金が必要になり、さすがに友達に借りるわけにはいかずどうしようかと思いキャッシングについて調べてみますと、意外にも金利は安いということがわ...
続きを読む≫ 2014/01/31 21:19:31